1. HOME
  2. 植物油ココナッツオイルココナッツオイルはてんかんにも良い?てんかんとココナッツオイルの関係

ココナッツオイルはてんかんにも良い?てんかんとココナッツオイルの関係

ココナッツオイルはてんかんにも良い?てんかんとココナッツオイルの関係

ココナッツオイルはお子さんからでも安心して摂取できる油、といわれていますが、実は意外なものにも効果を発揮することが分かっています。それは「てんかん」にも効くというもの。その仕組みとは一体どういうものなのでしょうか?

ココナッツオイルとてんかんの関係

てんかんの発作、というのは子どもだけでなく大人にも起こるもの。現在も多くの人がてんかんの症状に悩まされているというのが現状です。てんかんはもともと脳の神経細胞と深い関係を持っているものなのですが、薬などを使って症状を抑えるというのが一般的な治療法です。しかしいつどこで起こるものか分からない、だからこそ日頃からその症状を緩和させるためには少しでも出来ることはやっておきたいものです。

そこで今回オススメしたいのがココナッツオイル。健康志向の方にとってはおなじみのオイルですが、実はこのココナッツオイルの持つ成分がてんかん症状を抑えることに効果がある、というデータがあるのです。

ココナッツオイルで脳の興奮を鎮める

脳の働きを高めるために使われるブドウ糖は、血糖値を上げてしまうことが分かっています。それによって脳を興奮状態にし、てんかんの発作を起こしてしまうのですが、ココナッツオイルによってそのブドウ糖ではなくケトン体を使って自然とてんかんの発作を抑えることができるという仕組みです。食事療法なども取り入れる必要がありますが、こういった働きを活用することで日常的な発作を軽減させる可能性もある、というのを是非知っておいてください。

人気No1の調理用ココナッツオイル

© 2018 食用油・食用オイルナビ All Rights Reserved.