1. HOME
  2. 植物油ココナッツオイルココナッツオイルの香りが苦手?匂いが気にならずに使い切れる方法まとめ

ココナッツオイルの香りが苦手?匂いが気にならずに使い切れる方法まとめ

ココナッツオイルの香りが苦手?匂いが気にならずに使い切れる方法まとめ

ちまたで流行のココナッツオイル!試してみたいと思い購入してみたのはいいものの、なんだか南国の香りと独特の風味が苦手で、このまま食べていくのはちょっとつらいかも。身体にいいことは分かっていても、どうしても人には好みというものがあるため、ココナッツ特有の香りが苦手に感じられてしまう方も多いようです。そこで、この苦手を克服して美味しく食べれる方法についていくつかご紹介していきたいと思います。

ココナッツオイルは工夫次第で美味しく食べられます

ココナッツオイルが流行り出してからもう数年。いまや身近なスーパーにも当たり前のように並んでいる時代になりました。ココナッツといえばアジアを思わせる香り、爽やかな南国をイメージされる方も多いはず。少し前に日本でもアジアンスイーツが流行るなど、意外と日本では受け入れられやすい味でもあります。しかし、やはりそのにおい自体がどうしても苦手で受け入れられないという方は少なくありません。あの爽やかな風味が好きな方もいれば、苦手に感じてしまう方がいるのも当然のことなのです。

でもどうにかして食べたい!それならアレンジ

折角のダイエットや健康効果、活かせないまま放置してしまうのは勿体なくありませんか?ココナッツオイルは確かにそのままだと食べにくいと感じる方も多いかもしれませんが、上手にアレンジすることで美味しくにおいを気にせずに食べることが出来るんです!そのためにいくつかオススメのアレンジ方法をご紹介したいと思います。その風味を苦手に感じさせるのではなく、特徴として活かしながら美味しく味わってみましょう。

ココナッツオイルの香りを気にせず食べられるアイデア

ココナッツオイルは甘く、単体でもかなりの個性をアピールしてくるアイテムです。よくおすすめされるコーヒーに混ぜる方法やパンに塗るという方法は、どうしてもダイレクトにその香りを感じてしまうため苦手に感じやすいでしょう。コツは「香りが強い料理に混ぜること」です。

おすすめアイデアその1「カレーに使う」

日本人の国民食といってもいいカレーは大人から子どもまで皆に愛される料理です。そのカレーの特徴の一つといえばあのスパイシーな香りですが、そこへココナッツオイルを投入することでいつもより風味とコクの増したカレーに仕上げることが出来ます。それほどココナッツの香りも主張してきませんし、隠し味のようでむしろ味がまろやかになると感じる方も多いようです。スプーン一杯程度を加えるのが目安ですが、まずは半分の量から試してみるのもおすすめです。

おすすめアイデアその2「スイーツに使う」

みんな大好き甘いお菓子に活用する、というのもまたおすすめです。ココナッツオイルのその香りを活かしたお菓子は様々なものがおすすめですが、例えばココアと一緒に組み合わせてみてはいかがでしょうか。普段のホットケーキにココアパウダーを混ぜ、そこへココナッツオイルを加えます。そうすることでふっくらと、そしていつもとはまたひと味違ったホットケーキが完成します。ほどよい甘さと香りがマッチしておすすめです。

ご自身の好きな料理と組み合わせてみるのもひとつの手

このように、基本的にはこれと組み合わせてはいけないというものはありません。普段ご自身が好きで食べている料理と組み合わせてみれば、またさらに違った美味しさを再発見できるきっかけとなるでしょう。ポイントは決してココナッツオイルを主張させないこと。あくまでも脇役に徹してもらうということを意識することです。体にとってよい効果をもたらすオイル、だからこそ美味しく楽しく食べ続けていくのが一番。是非ちょっと一工夫を加えてみませんか?

人気No1の調理用ココナッツオイル

© 2018 食用油・食用オイルナビ All Rights Reserved.