1. HOME
  2. 植物油ココナッツオイルココナッツオイルが炎症に効くって本当?抗炎症作用の効果がある成分

ココナッツオイルが炎症に効くって本当?抗炎症作用の効果がある成分

ココナッツオイルが炎症に効くって本当?抗炎症作用の効果がある成分

ココナッツオイルは肌にいいらしい、そんな情報があちこちから聞こえてきます。食べることで健康などに良い効果をもたらしてくれることは知られていますが、最近はスキンケアに使用されるのも人気があります。特にアトピーなど炎症が起こっている肌におすすめです。

炎症を抑えてくれるココナッツオイルの効果

最近はココナッツオイルをスーパーでも頻繁に見かけるようになるなど、一般的にも広く知られるようになりました。ココナッツオイルに含まれるのは中鎖脂肪酸という、他にはないタイプの働きを持つ脂肪酸であったり、免疫力をアップさせてくれたりと色んな効果を持っていることが特徴です。今回注目したいのが炎症を抑えてくれる「抗炎症作用」についてです。

アトピーやアレルギーをお持ちの方にとっては、肌の炎症は日常茶飯事という方も多いでしょう。この炎症を鎮めてくれる効果が、実はココナッツオイルには含まれているのです。また、代謝をアップさせることで、肌の再生力を高めてくれる効果も期待できるでしょう。

まずはパッチテストをして様子を見ながら

基本的には口にするものですので、副作用などの可能性は低いです。しかし、どうしても合う合わないというのは体質によってありますので、まずは患部に直接塗るのではなく二の腕の内側など、目立ちにくい箇所に塗って一日放置するパッチテストを行うことをおすすめします。何事もなければそのまま使用してみましょう。驚くほど炎症がおさまったという報告も多いようです。

人気No1の調理用ココナッツオイル

© 2018 食用油・食用オイルナビ All Rights Reserved.