1. HOME
  2. 植物油ココナッツオイルココナッツオイルで甲状腺機能の低下の対策ができる?嬉しい効果について

ココナッツオイルで甲状腺機能の低下の対策ができる?嬉しい効果について

ココナッツオイルで甲状腺機能の低下の対策ができる?嬉しい効果について

ココナッツオイルは様々な効果を持っていることで注目されていますが、最近分かったのが甲状腺にもその力を発揮するということです。体にとって重要な機能であるため、今後も進むであろう研究に注目が集まります。

ココナッツオイルが甲状腺機能低下症に効く理由

甲状腺、という体の機能をご存知でしょうか。ここはホルモンの分泌を行うとても重要な箇所です。からだのエネルギーを作り出すため、自律神経の調節を行うため、など非常に大切な働きを司る部分でもありますが、この働きが衰えてしまうことでひとつの病を発症します。それが「甲状腺機能低下症」という症状です。

これによって肌荒れや手足の冷えにだるさ、といった身体に影響を及ぼすだけでなく、抑うつや無気力といった精神にもダメージを与えることが分かっているのです。これに効果があるとされているのがココナッツオイルです。

あらゆる角度からココナッツオイルが効く

ココナッツオイルは便秘を解消させる働きがありますが、これによって体内の老廃物を追い出してくれる効果が期待できます。さらに免疫力をアップさせる効果、抗菌作用や抗炎症作用によってこの原因を根っこから断ってくれるのです。実際にココナッツオイルを摂取することで甲状腺機能に効果があった、というデータもあるためこれからもますます研究が進んでいくことが期待できるでしょう。ココナッツオイルはスプーン一杯を目安にし、毎日続けていくのがおすすめです。

ココナッツオイルの上手な活用方法

ココナッツオイルは熱にも強いという特性があるため、どんなお料理にも活用しやすく続けやすいことが特長のひとつとしてあげられます。もちろんそのまま使用しても構いませんが、温かいものに使ってもその栄養を損ねることはありませんので、その日の気分によって色々アレンジしてみてもいいかもしれません。

一番摂取しやすい方法としてはやはり飲み物に混ぜるのが一番ではないでしょうか。ココナッツ特有の風味はありますが、最近はそれを前面に出しているものも少なくなっていますので、それほど気になりにくいものも多いです。どうしても苦手に感じるという場合は組み合わせを変えてみるだけでもかなり飲みやすくなります。例えばブラックコーヒーに混ぜる場合はそのままではなく、ミルクをプラスすることでまろやかさがアップし、普段のカフェラテよりもずっとコクが生まれます。

ベストな方法はこうして使わなければならない、と決めつけてしまうことではありません。ご自身が美味しいな、と思えるアレンジを試してみることが続けていくための秘訣になります。身体のためには自分が喜ぶ方法を選ぶこと、これこそがココナッツオイルをからだに活かすポイントです。

人気No1の調理用ココナッツオイル

© 2018 食用油・食用オイルナビ All Rights Reserved.