1. HOME
  2. 植物油ココナッツオイルココナッツオイルのラウリン酸って?さまざまな効果・効能のワケはこれに注目

ココナッツオイルのラウリン酸って?さまざまな効果・効能のワケはこれに注目

ココナッツオイルのラウリン酸って?さまざまな効果・効能のワケはこれに注目

ココナッツオイルを健康のために取り入れているという方は最近増えて来ているようです。スーパーなどでも多く販売されるようになってきたなど、みかけることも多くなったのではないでしょうか。しかしまだまだココナッツオイルのパワーをすべて知らないという方も多いはず。是非新たなそのパワーを知って健康に生かしてみてはいかがでしょう?今回はココナッツオイルに含まれる「ラウリン酸」についてお話していきます。

ココナッツオイルを健康に活かすためには

南国生まれのココナッツからとれるオイル、ココナッツオイルは今や私達にとって身近なオイルの一つとなりつつあります。ココナッツという名前から、南国の香りが感じられるのかな?とイメージする方も多いのではないでしょうか。最近はその南国の香りそのままのココナッツオイルだけではなく、この風味をできるだけ抑えたものも販売されるなど使いやすいように様々な工夫が加えられている物も多くなりました。

ココナッツオイルの注目すべき成分はやはり「中鎖脂肪酸」が一番に挙げられるでしょう。一般的な油に含まれる脂肪酸は、体に脂肪として蓄積されやすいなど肥満の悩みを抱えている方や、これ以上太りたくないという方にとってあまり良いものではありません。しかしこの中鎖脂肪酸はそれらの働きとは違い、脂肪をエネルギーに代える働きや代謝をアップさせる作用があるため、寧ろマイナスよりもプラスの効果を得られるということでも知られているのです。中性脂肪やコレステロール値の気になる方にとっても重要な働きですので、普段使用する油としてココナッツオイルをとりいれているという方も最近増えて来ています。

ココナッツオイルに含まれるラウリン酸とは?

そして中鎖脂肪酸と同じぐらい注目したいのがラウリン酸と呼ばれる成分です。これは母乳にも含まれる栄養素のことで、免疫力をアップさせたり抗炎症作用を持っているなど、あらゆる働きが含まれた素晴らしい栄養です。日々身体の中に入り込む細菌から体を守ってくれるため、丈夫な体を作りたい、健康を維持していきたいという方にとってぴったりなのです。

このラウリン酸はもちろん食品などから摂取することができますが、日々コンスタントに継続して摂取することはそう簡単なことではありません。しかしココナッツオイルを用いれば毎日必要な量を体に取り入れることが出来ます。あれこれと難しいことを考える必要もなく、必要な分だけをしっかり取れるので是非毎日スプーン一杯の習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

ココナッツオイルはお料理にアレンジしやすい

基本的にココナッツオイルを続けるためには「こうやって飲まなければならない」といった決まりはありません。ご自身が飲みやすい、食べやすい方法で続けていくことがベストです。例えば一番人気があるものとしてコーヒーなど暖かい飲み物に混ぜて飲むというものがあげられます。ブラックコーヒーに入れることでいつもよりまろやかで、味わい深いコーヒーに仕上がりますし、ミルクティにいれるとより濃厚な味になって新しい美味しさを発見することが出来るでしょう。

また意外なのですが、和食などにもココナッツオイルは活用できます。醤油や味噌などと組み合わせることで、いつもよりもコクのある味に仕上げることが出来ます。いつものお料理の味を際立たせたい、という時にもオススメですので色々試してみてはいかがでしょうか。

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸、ラウリン酸は素晴らしい効果がたくさん。その効果を実感するためにも是非毎日スプーン一杯とる習慣を始めてみては?一ヶ月、三ヶ月と日が経つことできっとその効果を実感することができるでしょう。

人気No1の調理用ココナッツオイル

© 2018 食用油・食用オイルナビ All Rights Reserved.