1. HOME
  2. 植物油ココナッツオイル日焼けケアや紫外線対策にココナッツオイルが使える?効果のヒミツはコレ

日焼けケアや紫外線対策にココナッツオイルが使える?効果のヒミツはコレ

日焼けケアや紫外線対策にココナッツオイルが使える?効果のヒミツはコレ

ココナッツオイルは食べるもの、という印象が強いのですが、実はスキンケアにも活用できることをご存知でしょうか?植物由来のもののため、元々お肌に使っても安心なのです。例えば年中気になる日焼けケアや紫外線対策にもおすすめ。どのように活用していけばいいのか、そしてその効果はどれほどのものなのか秘密を探ってみましょう。

ココナッツオイルでキレイな自分を作りませんか?

ココナッツオイルの持つパワーについて、皆さんはどれぐらい知っていますか?健康にいいらしい、ダイエットにいいらしい、様々な効果を耳にすることも多いのではないでしょうか。私達が思っているよりもずっとココナッツオイルが持つパワーというのは想像以上に大きなものであることが分かります。

その働きのなかでもとくに注目すべきなのが中鎖脂肪酸。他の油とは違い、脂肪をエネルギーに変えてくれるなど体にとってプラスの働きをしてくれることがこのココナッツオイルの注目すべき点そのものです。この働きを上手に活用することでダイエットはもちろん、健康維持にも生かすことが出来ます。

そしてそれは体の内側の話。実は、体の外側からもケアできることをご存知でしょうか?実はココナッツオイルはスキンケアにもおすすめ。女性にとって気になる紫外線対策にもとても有効であることが分かっています。

ココナッツオイルは日焼け止めとして使える?

実は日本ではあまり使われていませんが、ココナッツオイルは以前から南国において日焼け止めとして活用されています。日焼け止めにもよく表記されている紫外線防止を表すSPFは、ココナッツオイルにも含まれており、大体5〜10程度といわれています。数値としてはそれほど大きくありませんが紫外線を予防してくれる効果を持っていることが分かります。

そしてさらに嬉しいことに、ビタミンDの合成に必要なUV-Bを全てカットしないということも分かっています。ご存知の方も多いでしょう、ビタミンDは日光を浴びることによって生成されます。一般的な日焼け止めはこれらの働きもすべて防いでしまうため、ビタミンDを作り出すことが出来ないのです。ビタミンDは骨を丈夫にするために欠かせない栄養ですので、この働きを邪魔しないというのもココナッツオイルの持つパワーのおかげではないでしょうか。

また日焼けしてしまったあとの肌にも効果を発揮してくれます。ココナッツオイルには抗炎症作用も含まれているため、日焼けした後のヒリヒリしたお肌を鎮めてくれる作用も持っているのです。加えて乾燥肌の方におすすめしたい高い保湿効果も加わることで、あらゆる肌の症状を緩和させてくれることが分かっています。そして含まれているビタミンE はしわやシミを防いでくれるなどまさにどんな時にも活用することが出来る、ココナッツオイルはスキンケアにおいても素晴らしい働きを行ってくれることがわかります。

上手に使い分けることがおすすめです

先ほどものべたように、ココナッツオイルの持つSPF自体はそれほど高くありません。そのため、日中日差しが強いところへお出かけの際はその効果が実感できないかもしれません。ですので、そういったところへ外出する際は市販の物を、そうでない場合はココナッツオイルを使うなどして使い分けるといいのではないでしょうか。

食べるだけで体の外側からケアするにも役立ってくれるココナッツオイル。肌に優しい紫外線対策をお求めの方は一度試してみてはいかがでしょう?からだ全体に塗るのではなく、唇や指先だけなど一部分から試してみると安心。植物由来のパワーをご自身の体で実感してみてはいかがでしょう?ココナッツオイルのパックもおすすめですよ。

人気No1の調理用ココナッツオイル

© 2018 食用油・食用オイルナビ All Rights Reserved.