1. HOME
  2. 植物油ココナッツオイル料理にココナッツオイルを使いたい!調理での使い方のポイントまとめ

料理にココナッツオイルを使いたい!調理での使い方のポイントまとめ

料理にココナッツオイルを使いたい!調理での使い方のポイントまとめ

ダイエットはもちろん、健康維持のためにも効果が高いと言われるココナッツオイル。でも一般的な油と違って、いまいち使い方がわらかない、どんなふうに、どのくらいの量を摂取していいのか分からないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。そんな方にココナッツオイルの料理活用方法をお教えしたいと思います。是非毎日のお料理に取り入れてみてはいかがでしょうか?

ココナッツオイルはどんなお料理にも使えるのが魅力

ココナッツオイルと聞くとどんなイメージを思い浮かべますか?恐らく多くの方が南国を思わせるそんな印象があるのではないでしょうか。確かに日本でも最近はココナッツを使ったデザートが販売されるなど、一昔前に比べるととても身近になったように思われます。

しかしそれゆえに、その独特の香りや風味がクセで使いにくいという先入観をお持ちの方も多いため、気になるけれどなかなか手を出せないという方も多いようです。しかし、それを逆手にとって上手に生かすことも出来るのです。

実は意外に思われるかもしれませんが、ココナッツオイルは様々な調味料とも相性もいいため、和・洋・中と色んなお料理に使用することができます。一番イメージからかけ離れているように思う和食とも実は相性抜群。例えば、和食の味付けに欠かすことが出来ないお醤油もココナッツオイルの風味と相性がよく、組み合わせることで濃厚で香ばしい味わいに仕上げることが出来ます。

また、よく言われるのが卵料理とも相性がいいということ。卵の持つクリーミーさと、ココナッツオイルの持つ風味はよくマッチするため、例えばいつものオムレツにココナッツオイルを加えるだけで、いつもよりもまろやかで風味豊かに仕上げることが出来ます。

ココナッツオイルにもいくつか種類があります

ココナッツオイルが様々な調味料や食材と相性がいい、とは言いましたが、実はそのココナッツオイルにもいくつか種類があります。ココナッツの風味が強めのものもあれば弱めのものもあるので、ここはお好みの物を選ぶことをおすすめします。ただ、栄養をしっかり摂りたいという場合は香りが強めのものを選ぶのがコツです。

もちろん、ご自身の好みというものもありますので無理に香りが強いものを選ぶ必要はありません。というのも、ココナッツオイルの効果を得るためには毎日摂取し続けることが大切です。食べたり、食べなかったりでは何の効果も得られませんので、毎日自分が無理なく続けていける香り・味の物を選ぶことを優先しても構いません。

ココナッツオイルの持つ中鎖脂肪酸の役割こそが健康効果に期待されるのですが、この役割自体はどのココナッツオイルも基本的には消えません。なかには粗悪な商品もあるため値段が極端に安いものなどは注意が必要ですが、基本的には味の好みを第一にしてチョイスするというのも一つの選択肢であることを覚えておいてください。

手軽に、使いやすい方法で

ココナッツオイルはそのまま使うことが出来るのが魅力です。焼きたてのパンの上に濡ればバター風味を味わうことが出来ますし、コーヒーに入れればまたいつもと違った美味しさに出会えることでしょう。揚げ油として使ってみれば、カラッと仕上がりとてもさっぱりとした味わいになるなど今までとは違った味わいを楽しむことが出来ます。

何でも手の込んだ調理法にする必要はありません。ちょっとした組み合わせの違いでまたさらに美味しくなりますので、色んな調味料と合わせてみてはいかがでしょうか。ココナッツオイルの美味しさは意外な所に潜んでいます。いつものお料理にスプーン一杯加えるだけでも変化を楽しめますので、まずはそこから試してみてはいかがでしょうか?

苦手に感じる時はこんな工夫を加えてみてください

それでもやっぱりココナッツオイルをうまく使えない、とお悩みの方にいくつかコツをご紹介していきましょう。最初の方でもお伝えしたように、基本的にはその風味を逆手に取っていかしてみるというのがおすすめの使い方でもあります。

しかし根本的にココナッツの香りがあまり得意ではないという方もいるように、何かしらココナッツの香りや風味を残していることで食べにくさを感じている場合は、より意識して工夫する必要があるでしょう。その場合にチェックしたいのが「味が薄いものに使用していないか」ということです。

例えば先ほど卵料理とも相性がいいということについてお話しましたが、確かにクリーミーな口当たりになるなど今までの卵料理よりもコクがアップして食べやすくなると感じる方がほとんどです。

ただ、逆にココナッツオイルが苦手に感じる場合はそれがクセになってしまうこともあるため「絶対に相性がいいとは限らない」のです。ここで注目したいのが卵料理は味が薄めであるということ。卵料理はその風味を味わうものですので、どうしてもココナッツの香りが強めに出てしまうのは仕方がないことです。

カレーなどスパイシーなものにプラス

そこでおすすめなのがスパイスがきいた料理など、アクセントを感じる味が濃いものへの組み合わせです。家庭料理の代表的なメニューのひとつであるカレーは、ココナッツオイルを加えるのにおすすめのメニュー。むしろ本場のタイカレーのような味わいに仕上げることが出来るので、苦手に感じている方にとっても比較的受け入れやすくなっています。

ようは、味が濃いめのものと組み合わせることがコツということ。醤油や砂糖をたくさん加えているものなど、味つけが濃いめになっていると気になりにくくなります。特に香辛料を使っている料理には合いやすいので、是非試してみてください。

意外なものが合っていることも

この他にも、意外と合うなと感じるものはあります。香辛料に左右されない料理でもマッチするものはありますので、少量ずつ試してみるのはおすすめです。いきなり大量に入れてしまうとまたココナッツの風味が前面に押し出されてしまいますので、小さじ一杯よりも少なくでも構いません。

また料理を小皿に取ってちょっと加えてみる感じでもいいので、組み合わせを色々試してみてはいかがでしょうか。思い込みを捨ててみるというのも、時には必要なのです。

人気No1の調理用ココナッツオイル

© 2019 食用油・食用オイルナビ All Rights Reserved.