1. HOME
  2. 植物油ココナッツオイルココナッツオイルが疲労にも効く?免疫力をUPさせて慢性疲労症候群の対策

ココナッツオイルが疲労にも効く?免疫力をUPさせて慢性疲労症候群の対策

ココナッツオイルが疲労にも効く?免疫力をUPさせて慢性疲労症候群の対策

体に蓄積されていく疲労は、感じている以上に大きなこともあります。気づかないうちにドンドン溜まっていくと、ある日突然倒れてしまったり、重大な病気の引き金となってしまうことだってあるのです。そこで慢性的な疲労を改善させるためにおすすめしたいのがココナッツオイルです。

ココナッツオイルで疲労が回復する?

ダイエットや美容など、様々な効果が期待できると注目を集めているオイルの一つがココナッツオイルです。ココナッツと言っても、その風味を抑えたものが多く販売されているなど、使いやすい物もたくさんあります。油といってもサラッとしているのであまり癖もなく、どんなお料理にも使いやすいのが人気の秘訣。しかし実際にはまだ使用したことがないという方も多いのではないでしょうか。

実はこのココナッツオイルは健康効果を得られることでも知られていますが、なかでも現代人が非常に注目したい「疲労に効果を発揮する」というものがあります。毎日仕事やプライベートなど、何かと疲れがたまってしまいしんどい毎日を送っている。寝てもなかなか疲れがとれない、といったように、慢性的な疲労に悩まされている方は少なくありません。そしてここからさらに悪化すると、頭痛や体調不良を抱えっぱなしになってしまうということもあるようです。そしてこういった症状には名前がついており「慢性疲労症候群」と近頃では呼ばれています。

「慢性疲労症候群」に効果を発揮するココナッツオイル

この慢性疲労症候群と診断されるには約半年以上という長期間の間、以下の症状が続いているという場合です。

  • 疲労の根本的な原因が分からないが、ずっとだるい状態が続いている
  • 平熱よりも高い状態、微熱がずっと続いている
  • 自律神経の乱れを感じ、寝付きが悪くなる状態が続く
  • 気分が塞ぎ込んでしまいがちで、明るく前向きになれない
  • 午後になると憂鬱な気持ちになる

こういったものがあげられます。これは自分だけで判断しづらいものもあるかもしれませんが、もしいくつか当てはまるという場合はこの症状に陥っている可能性が考えられます。また大きな特徴としては「午後に憂鬱になる」という点です。これは、似たような症状としてあげられるうつ病の場合は朝になると気分が落ち込みがちです。しかし午後の方が気分が落ち込んでくる、という場合はこの症候群の特徴のため疑ったほうがいいかもしれません。

ココナッツオイルが慢性疲労症候群から救う

ここでおすすめしたいのがココナッツオイルです。ココナッツオイルには中鎖脂肪酸というものが含まれていますが、これこそが疲労の原因となる細菌やウイルスに効果を発揮してくれることが分かっているのです。またラウリン酸という成分は免疫力をアップさせてくれる、母乳に含まれるものと同じ成分。さらに体内に吸収されることでエネルギーに変換され、代謝を促進してくれる効果も期待できます。これはダイエットだけでなく、疲労物質を外へ追い出すためにも必要な働きですので、これによって体が楽に感じられる方も多いようです。

また、抗酸化作用も持っているため活性酸素を抑制してくれる効果も期待できます。健康はもちろん、アンチエイジングにも一役買ってくれるのでいつまでも若々しくありたいと思っている方にココナッツオイルはピッタリなのです。今まで油なんて意識しなかった、という方は是非ココナッツオイルも生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ココナッツオイルはアレンジしながら摂取することで無理なく続けることができます。長く続く疲労に悩まされている、という方は是非一度スプーン一杯から試してみてはいかがでしょう。意外な効果に驚くかもしれませんよ。

人気No1の調理用ココナッツオイル

© 2019 食用油・食用オイルナビ All Rights Reserved.