1. HOME
  2. 植物油ココナッツオイルココナッツオイルとココナッツミルクの違いは?特長や共通点を知って使い分け

ココナッツオイルとココナッツミルクの違いは?特長や共通点を知って使い分け

ココナッツオイルとココナッツミルクの違いは?特長や共通点を知って使い分け

最近はココナッツオイルやココナッツミルクなど、食用油だけでなくスイーツなどもスーパーや店頭に並ぶのをよくみかけるようになりました。どちらも同じココナッツですが、それぞれ違いがあるのか?気になる方も多いのではないでしょうか。健康に良いとされるココナッツをさらに詳しく知ってみましょう。

ココナッツオイルとココナッツミルクの違いとは?

健康やダイエットにおいて高い効果を期待できるココナッツオイル。南国を思わせるココナッツの風味をおさえたものも多く販売されており、炒め油として使ってみたりそのまま使ってみたりと家庭でもサッと簡単に使用することが出来るのが魅力の一つです。クセも少なく料理の味を損ねることもないので、最近では使い分けている方も増えています。

もう一方のココナッツミルク。こちらはよくタピオカを混ぜたスイーツなど、甘味とコクを持っていることが特徴としてあげられます。若い方を中心に人気があり、スーパーではよく缶詰にされたものが販売されています。

それぞれの名前を見てもお分かりの通り、いずれも同じココナッツからできているものです。それならば得られる効果も同じなの?ダイエットや美容は、どちらを使ってもいいの?など疑問に思われることも多いはず。まずは二つの違いについてお話していきましょう。

二つを比べてみるとこんな違いがあります

まず、二つの共通点からお話していきましょう。ココナッツオイルもココナッツオイルも、いずれも熟したココナッツの内側にある白い部分「固形胚乳」というところから作られています。しかしそこからの加工によってそれぞれ別のものになります。

この固形胚乳を煮出して絞ることでできた液体がココナッツミルクと呼ばれるもの。そこからさらにココナッツミルクにあるオイル・水分・ミルクの混ざった部分からオイルのみを抽出したものがココナッツオイルと呼ばれるものになります。ですから基本的には同じ成分が含まれている、ということは確かです。健康的なものであることは両方にも言えることなのです。

それぞれの持つ特徴と違いとは?

さて、元は同じ成分からできているそれぞれ二つのオイルとミルク。今度は違いについて見ていきましょう。まず性質としての違いがあります。ココナッツオイルの大きな特徴で「25℃以下で固まり、温かくなると液体になる」ということがあげられます。値段も一般的な食用油に比べると少し高価であるため、大事に使っているという方も少なくありません。もう一方のココナッツミルクは缶で販売されていることが殆どで、オイルとは違い固まっている状態で販売されています。価格もオイルに比べると約10分の1ほどと手頃です。

栄養成分にも注目しましょう

続いて栄養についても見ていきましょう。ココナッツオイルの一番注目すべき点としてあげられるのが「中鎖脂肪酸」です。ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は約60%。それに対してココナッツミルクは約20%前後程度のため、栄養成分として注目してみるとミルクは少し物足りなさを感じるかもしれません。しかし全く意味がないというわけではなく、それぞれを臨機応変に使い分けることがコツです。健康的にかつ料理を美味しくいただくためには、特徴を活かした使い分けがポイントとなるのです。

どちらも体にいいものだからこそ

いずれも体にいいものである、ということは変わりません。しかし体にいいものであるからこそ、使用する量には気をつけなければなりません。どちらもカロリーはありますし、摂取しすぎると逆に太る原因となることもあります。適量を守り使い続けることこそが、健康に活かすことができるコツ、というのを忘れないでください。

人気No1の調理用ココナッツオイル

© 2019 食用油・食用オイルナビ All Rights Reserved.