1. HOME
  2. 植物油ココナッツオイルMCTオイルとココナッツオイルの違いはなに?効果や成分などの特徴を比較

MCTオイルとココナッツオイルの違いはなに?効果や成分などの特徴を比較

MCTオイルとココナッツオイルの違いはなに?効果や成分などの特徴を比較

何かと話題になることが多いココナッツオイル。美容に健康にと効果を発揮してくれるのであれば使わない手はないでしょう。元々ココナッツオイルの持つ中鎖脂肪酸がその注目を集める要因のひとつですが、その中鎖脂肪酸100%と言われるMCTオイル。それぞれはどのように違いがあるのでしょうか?

ココナッツオイルとMCTオイルは何が違うの?

様々な嬉しい効果を持つココナッツオイルは、いまや健康に良いオイルの代表的なもののひとつに君臨しています。以前はほとんど店頭でも見かけることはありませんでしたが、最近では多くのスーパーで取り扱われるようになりました。いくつか種類があるとどれがいいの?と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

中鎖脂肪酸が注目を集めるポイント

さて、ここで注目なのがココナッツオイルがなぜここまで人気を集めたのかということです。それはやはりダイエットや健康に良いとされる中鎖脂肪酸が含まれていること、これが大きなポイントの一つとしてあげられるでしょう。この中鎖脂肪酸は体に吸収されにくく、すぐに分解されてエネルギーに変換されるという特徴を持っています。

一般的な油に含まれるのは長鎖脂肪酸で、体に溜め込まれやすいためコンスタントに摂り続けると肥満の原因となりやすいのです。しかし中鎖脂肪酸の場合は、先述の通り体に溜め込まれにくいため、ダイエット中はもちろん生活習慣病が気になる方にもおすすめなのです。

MCTオイルとは一体?

さて、ココナッツオイルと同じように注目を集めるMCTオイル。ご存知の方も多いように、MCTオイルもいわゆるココナッツオイルです。何が違うのかと言うと、まずココナッツオイルと違って無味無臭であること。これは製造方法に違いがあり、ココナッツオイル自体は胚乳を圧搾することで抽出されるもの。MCTオイルはココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸の成分のみを取り出したオイルなのです。

ですから、ココナッツの風味があまり得意でないという方も使いやすいオイルと言えるでしょう。そして何より注目すべきなのが、ココナッツオイルの含む中鎖脂肪酸はおよそ60%程度、MCTオイルは中鎖脂肪酸100%というところです。

中鎖脂肪酸に特化している!しかし使い分けがおすすめ

それぞれ中鎖脂肪酸という働きを期待できるという点においては共通しています。しかしオイルを構成する成分に違いがあるため、それに応じた使い分けをしていくのがずばりベストな考えと言えるでしょう。MCTオイルの場合は脂肪燃焼効果をより促してくれるなど、ダイエットに適した働きを見せてくれることが大きな特徴のひとつとしてあげられます。つまり、ダイエットを効率よく行いたい場合はMCTオイルの方がよりおすすめというわけです。

ココナッツオイルにももちろん脂肪燃焼効果は大きく期待できますが、抗酸化作用や美容面において高い効果を得やすいということがあげられます。つまり美容に関することが気になるという方はココナッツオイルを選ぶことがおすすめ、というわけです。いずれも優れたオイルであることは共通していますので、ご自身がどんな目標を持って使い続けたいかということをメインに考えて選ぶのがいいでしょう。

もちろん摂取しすぎには注意です!

どちらの油も体にとって嬉しい成分がたっぷりです。しかし、いくらいいものでも摂取しすぎは体に毒。ダイエットにも美容にも、一日の適量を守り続けるということが必要です。そしてそれぞ毎日続けていくこと。オイルはそれではじめて効果を発揮してくれます。体に活かすためにはきちんとルールを守って摂取していかなければならないということをお忘れなきように。

人気No1の調理用ココナッツオイル

© 2019 食用油・食用オイルナビ All Rights Reserved.