1. HOME
  2. 植物油ココナッツオイルココナッツオイルとパーム油ってどう違うの?ヤシといっても特徴や効果は大違い

ココナッツオイルとパーム油ってどう違うの?ヤシといっても特徴や効果は大違い

ココナッツオイルとパーム油ってどう違うの?ヤシといっても特徴や効果は大違い

何かと話題のココナッツオイルですが、もともとヤシの木に成ることは知られています。ヤシと繋がりのあるパーム油、こちらも元は同じものからできるんだから同じ種類のもの?と感じている方もいらっしゃるでしょう。しかしそれは全くの大違い。その特徴と効果は別であるということを是非知っておいてください。

ココナッツオイルとパーム油はどう違うの?

高い健康効果を持つことで知られているココナッツオイル。ダイエットにも役立つ効果を発揮してくれたり、美容にも良い効果をもたらしてくれることで人気を集めているなど、今後もますます注目を集めていくことは間違いないでしょう。そんなココナッツオイルですが、元々はヤシの木からとれる実から作られるもの。それは多くの方がご存知のことでしょう。

同じヤシからできることで知られているパーム油。これだけを聞くとそれぞれ同じようなものではないの?と思われるかもしれません。しかしこれ、実は大きな間違いなんです。実はヤシといってもヤシの種類はひとつだけではなく、その種類は何と3千種類以上とも言われているなど、非常にたくさんの種類に分けることが出来るのです。

つまりココナッツオイルとパーム油はそもそもまったく別もの、というわけです。いずれも食用ではありますが、ココナッツオイルは「ココヤシ」から。パーム油は「アブラヤシ」から、ということを覚えておいてください。

ダイエットなどに活かしたいのなら「ココナッツオイル」

さて、ダイエットに効果的であるココナッツオイルと同じヤシからなるパーム油。じゃあ、パーム油もダイエットに向くの?というと、先ほども述べたように全くの別物であるためダイエット効果はあまり期待できません。

ココナッツオイルには中鎖脂肪酸が含まれている

まず大きな違いとして、ココナッツオイルは中鎖脂肪酸がたっぷりと含まれていることがあげられます。この中鎖脂肪酸こそがダイエットにおいて効果を発揮するものなのですが、パーム油には殆どこの中鎖脂肪酸が含まれていないことが分かっています。つまりダイエット効果を意識して使おうとするのであれば、パーム油を選ぶのはおすすめできないということです。

健康効果はそれぞれにあります

しかしココナッツオイルもパーム油も、どちらも加熱に強く酸化しにくいという特徴を持っています。スーパーなどで安価で手に入る植物油よりも高い健康効果を持っていることには変わりませんので、ヘルシー志向や健康志向を意識しているのであればパーム油を選択するというのも一つの方法であることを覚えておくと良いでしょう。

日常の油を上手に使い分けるのもおすすめ

ココナッツオイル、パーム油、それぞれクセがないので日常的に使用する油としてもおすすめです。揚げ物をする際にカラッと揚がるなど、食感にも変化を感じることが出来ます。もちろんダイエットや美容など、ご自身が目指しているものが明確である場合はそれにそったものを選ぶのがおすすめです。しかし、ひとつだけに絞らずいくつかに使い分けてみるのもまたおすすめです。

いずれも元となる植物が同じものであるため、何かと間違えてしまいがちなもの。ですがそれぞれが別であることを知っておくだけで、生活にいかしていくことができます。話題になっているココナッツオイルには中鎖脂肪酸が含まれておりダイエットに最適であること、パーム油はヘルシーで日常的にも使いやすい油であること、どちらがより良いものであるかというよりも「自分の求めている物」に焦点を絞って選ぶと良いでしょう。色んな油が流行っていますが、何より一番なのは自分に合ったものを選ぶこと。自分できちんと選ぶことなのです。

人気No1の調理用ココナッツオイル

© 2019 食用油・食用オイルナビ All Rights Reserved.