1. HOME
  2. 植物油ココナッツオイルココナッツオイルの選び方!安すぎるのは注意?抽出方法などに注目

ココナッツオイルの選び方!安すぎるのは注意?抽出方法などに注目

ココナッツオイルの選び方!安すぎるのは注意?抽出方法などに注目

独特の風味もカットすることで、より身近に使いやすいようにと多くのココナッツオイルが工夫されています。もちろん風味をそのまま楽しみたいという方はココナッツの味が残る物を使っても構いません。しかし本当に大切なのは風味だけでなく「その品質」にあります。体にいいから、と安価な商品を選んでいる方は注意が必要です。

人気のココナッツオイル「安価なものには注意が必要」です

ダイエット中の方を中心に非常に人気の高いオイルといえば、やはりココナッツオイルでしょう。ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸はコレステロールの上昇を防いでくれたり、体脂肪に効果を発揮してくれるなど、ダイエットしている方にとって嬉しい効果をたくさん持っていることが特徴です。

そのため様々な商品が販売されていますが、一体何を基準に選べばいいのかお悩みの方も多いはず。安いからこれでいいか、と適当に商品を手に取っている方は実は大間違い。きちんと選ばないと体にいいものどころか、悪い商品を選ぶことにも繋がります。折角の健康を損ねてしまうことだってあるのです。

安価な物には注意が必要です

安ければ安い方がいい、確かにこれは事実なのですが、安いことだけを基準にして選ぶのはあまりおすすめできません。なぜなら安いからこそ品質が低い、または折角のココナッツオイルの特性を生かしきれていない可能性が高いからです。安いココナッツオイルの場合、製造の過程において「水素化」されてしまっていたり、漂白や脱臭されてしまい、健康や美容に良い効果が失われていることがあるのです。そこでココナッツオイルを選ぶ際には「抽出方法」に注目することをおすすめします。

抽出方法を注意して見ましょう

ココナッツオイル選びにおいて重要なのが、抽出方法をきちんと確認しなければならない、ということです。最もベストな抽出方法としてはやはり「低温圧搾」があげられます。これはココナッツが持つ栄養をそのままの状態で残すことが出来るので、健康に役立てることが出来る状態であることが分かります。

この方法のなかでも自然に発酵させる方法と、遠心分離法を使ったものがありますが、それぞれラウリン酸や中鎖脂肪酸の含有量に若干の違いがあります。ただし、水素化するものとはあきらかに違い、健康に活かすことが出来るという点が違いますので「低温圧搾」であるかどうかが見極めのポイントとも言えるでしょう。

安価なココナッツオイルには「トランス脂肪酸」が

このように、抽出方法が違うだけで全く別の物が出来上がることが分かっています。また、安価なココナッツオイルには体に様々な害を及ぼすといわれている「トランス脂肪酸」がふくまれてしまうこともあるため注意が必要です。折角健康になるためにココナッツオイルを選んでいたはずなのに、これでは本末転倒になってしまいます。流行だからと適当に商品を手に取らないよう、注意してみましょう。

商品の善し悪しを見極めるには、やはりその紹介ページや商品の内容が説明されている箇所をしっかりと読むことがおすすめです。基本的には商品についての良い点しか書かれていないため、ついそのまま信じてしまいがちですが、先ほども言ったように抽出方法の違いを知っているだけでも正しく商品を選ぶことができるようになります。

ココナッツオイルを正しく使用することで健康や美容に活かせることは事実です。しかし間違った商品選び、誤った使用方法を続けることで時には体にとって毒になってしまうこともあります。そうならないためにはご自身でしっかり見極めることが重要です。同じ素材を使っていたとしても抽出方法で大きくその品質は変化する、ということを是非覚えておいてください。

良いココナッツオイルを見極めること

ここまでお話してきましたが、最終的にココナッツオイルの選び方についてまとめていきましょう。もちろん今ご説明してきたことはあくまでも参考に、という程度のものであるため必ずこれに従わなければならないというわけではありません。

大切なのはご自身が「これだ」と思うものを選ぶことであるため、値段が安いから選択肢に入れてはならないというわけではありません。納得して購入するのであればそれはそれでいいのです。あくまでも購入の際に迷ってしまったという時、ココナッツオイルの違いについて知りたい、という時に役立てていただければいい情報です。

未精製のヴァージンココナッツオイルを選ぶ

基本的に精製されたものは加熱処理や薬品であったり、さまざまな加工が加えられているのがほとんどです。ただココナッツオイルの風味を味わってみたいという場合には選ぶのもアリですが、得られるものを重視しているという時にはあまり手にとるのはおすすめできません。

注意したいのが「ヴァージンココナッツオイル」と表記されているにも関わらず、正しくはそうではないものも残念ながら存在します。それを見極めるにはラベルをきちんと確認すること。何かしらの処理が施されている場合は正しいヴァージンココナッツオイルではありませんので、ただその文字だけに惑わされないようにしましょう。

トランス脂肪酸が入っていないものを選ぶ

こちらも先ほどと同じようにラベルを確認すれば分かることなのですが、トランス脂肪酸が含まれていることが表記されている場合は避けるのがおすすめです。というのも、現在このトランス脂肪酸については研究段階であるものの、体にとってあまりいい作用を与えないということが注目されています。

もちろんココナッツオイルを始め油を摂取することでトランス脂肪酸が直ちに害を及ぼすということではありませんが、できるだけ摂取を控えるように意識することは重要です。ですからラベルにこのように書かれているものはあまり手に取らないようにすること。是非注目してみてください。

ココナッツオイルを正しく選ぶ方法というものに決まりはありません。しかし体にとって優しいものはなんなのか、それについて常に目を光らせておくことはいいことなのです。迷ってしまったときはこういったことも思い出しながら、また予算との兼ね合いなど自分のなかで許せる範囲のものを選ぶようにしてみましょう。

人気No1の調理用ココナッツオイル

© 2019 食用油・食用オイルナビ All Rights Reserved.