1. HOME
  2. 植物油エゴマ油はうつや認知症の対策に効く?気になる効果のワケとおすすめな摂り方

エゴマ油はうつや認知症の対策に効く?気になる効果のワケとおすすめな摂り方

エゴマ油はうつや認知症の対策に効く?気になる効果のワケとおすすめな摂り方

美容のこと、健康のこと、日々色んなことが気になっている方は多いのではないでしょうか。一度きりの人生だからこそできるだけ元気に過ごしていたいと思うのはごく普通のこと。大きな病気とは直面せずにいきたいものです。メンタル面ではうつなどの病気、年齢を重ねていくと認知症などの予防などが何かと話題になります。そしてこれらが「エゴマ油」によって対策できる、ということをご存知でしょうか?

エゴマ油が持つ効果は非常に大きなものである?

健康のために食材などに気を遣う方はかなり増えてきているのではないでしょうか。元気な毎日を作るのは、食事や睡眠といった毎日の基本の積み重ね、だからこそこういったことに気を遣うというのはとても大切なことです。できるだけ元気な毎日を送るためにもひとつひとつ素材にはこだわっていきたいところ。そこで今回おすすめしたいのが「エゴマ油」が持つ効果についてです。

エゴマ油ってそもそもどんなもの?

まずエゴマ油とはどんなものなのか、それについて少しご説明していきましょう。エゴマとは漢字で書くと荏胡麻。その漢字を見るとゴマがついているため、食卓でもおなじみのあのゴマをイメージされる方も多いかもしれません。しかし実はゴマとは全く関係なく、エゴマ自体はシソ科の一種で見た目も非常にしそとよく似ている植物です。

エゴマ油はこのエゴマの種子から搾った油のこと。かつては灯明油に用いられていたり、日本最古の油脂植物とも言われているなど日本にとっては古くから馴染みのある油の一つでもあったのです。現在は油といえばサラダ油などが主流となっていくなど、時代の変遷とともにエゴマ油の存在は薄れていってしまいました。しかし、今になって様々な効果を持っていると再び注目を集め始めているのです。

エゴマ油はうつ病や認知症に効果がある?

続いてエゴマ油の効能についてお話していきましょう。現在注目を集めている油の一つでもありますが、なかでも特に注目されているのが「うつ病や認知症に効果がある」という点です。一見全く関係のない油が、なぜこれらの症状に効果があるのか簡単にその仕組みをお話していきましょう。

まずうつ病の原因のひとつとしてあげられるのが、脳神経細胞の低下によるものです。そして認知症は脳神経細胞の死滅が原因としてあげられています。それぞれストレスなどによって低下したり働きが衰えるといわれているのですが、死んだ神経細胞は二度と回復することがありません。

しかし、エゴマ油に含まれているEPAやDHAをいう成分が、脳の神経細胞を活性化させてくれるという効果が期待できるため、それらの症状の進行を抑えてくれるのです。劇的な変化を期待するのではなく、穏やかな改善という点では非常に優れていると思われるため、予防するという意味でも毎日摂取するといいでしょう。

目安は大さじ1杯程度を毎日続けてみる

油は油であるため、過剰に摂りすぎることはあまりおすすめできません。EPAやDHAの必要な摂取量としてはおよそ2gと言われているので、エゴマ油の場合ですと大さじ1杯を摂取することで十分です。毎日の食卓の仕上げにサッと加える程度で構いませんので、まずはエゴマ油を習慣にしてみることから始めてみてはいかがでしょうか。

うつ病も認知症も本人がつらいだけでなく、周りもとてもつらい症状です。なってしまってから慌てて対策するのではなく、予防の意味をこめてつねに意識しておくことが自分を含め回りも健康に生きていくためのコツです。エゴマ油をスプーン一杯、それを習慣にすることで健康な毎日を作ることが出来ます。シンプルで簡単ですので是非試してみてはいかがでしょうか?

人気No1の調理用ココナッツオイル

© 2018 食用油・食用オイルナビ All Rights Reserved.