1. HOME
  2. 植物油オリーブオイルの健康効果の理由は?オレイン酸など含まれている成分に注目

オリーブオイルの健康効果の理由は?オレイン酸など含まれている成分に注目

オリーブオイル

最近は家庭でもごく一般的なオイルとして認識されるようになったオリーブオイル。爽やかな風味が特徴で、熱して使ってもよし、そのままサラダのドレッシングにしたりパンにつけるのもおすすめです。さらに健康効果も得られると話題ですが、具体的にどんな理由があるのでしょうか?オリーブオイルの秘密に迫ってみましょう。

オリーブオイルが健康に良いと言われる理由とは?

美容やダイエット、健康に良い効果をもたらすといわれているオイルの一つが「オリーブオイル」です。オリーブオイルは、まずごく一般的なスーパーなどでも販売されていること、比較的手頃な価格で手に入れられることがまず特徴としてあげられます。入手しづらい油はいくら健康にいいとはいわれても、コンスタントに買い続けることが難しくなかなか続けにくいこともあります。ですが、オリーブオイルはメーカーによって様々な種類があること、サイズなども選びやすいのがありがたい点です。

さて、これだけ家庭に浸透するようになったオリーブオイルはその入手しやすさだけが理由ではありません。やはり大きく注目されるのがその健康効果について、です。なぜここまでオリーブオイルが注目されるようになったのか、その健康効果について少し探ってみましょう。

オリーブオイルの健康効果とは?

まず、オリーブオイルの成分について探ってみましょう。オリーブオイルは約7〜8割がオレイン酸というもので出来ています。このオレイン酸は非常に注目されている成分で、まず生活習慣病とも大きく関係している動脈硬化を予防する効果を持っていることが知られています。

というのも、人間の体にとって必要なコレステロールがありますが、コレステロールには二つの種類に分けられます。それは善玉コレステロールと、悪玉コレステロールです。その名前からも分かる通り、悪玉コレステロールは体にとって悪影響を及ぼすことが分かっています。先ほども言ったように動脈硬化や生活習慣病とも深い関わりがあるのです。

そこでこのオレイン酸が登場するのですが、この善玉コレステロールのみを減少させずに悪玉コレステロールだけを下げられることが分かっています。これは健康だけでなく、美容やダイエットにも大きな効果をもたらすことが分かっているのです。またさらに、オリーブオイルがエクストラバージンオリーブオイルになるとポリフェノールやビタミンEが加わることも分かっています。これらは抗酸化作用を持っており、アンチエイジングはもちろん体のなかから酸化を食い止めてくれる働きを持っているのです。

日常の食用油に気軽に使えるのも魅力

オリーブオイルは体にとってよい効果をもたらしてくれるオイルであることが分かりました。加熱してもよし、そのまま使ってもよし、いずれにせよ日常の食用油としても非常に使いやすいのが大きな魅力です。揚げ物などもオリーブオイルを使えばサクッと軽い口当たりになりますので、ヘルシーな食卓に仕上げたいという方は是非試してみてください。爽やかな風味がより一層美味しさを引き立ててくれるでしょう。

もし健康維持が気になるのであれば、安価なサラダ油ではなく健康効果が期待できるオリーブオイルに切り替えてみるのも一つの手です。もし余裕があればエクストラバージンオイルを選んでみてもいいでしょう。しかしそこまでこだわる必要はありませんので、まずは気軽に使えるオリーブオイルにしてみるのがおすすめです。

健康のこと美容のこと、そしてダイエットのこと。油は体にとって必要なものだからこそより慎重に選んでいきたいもの。油で体の内側からキレイと健康を作ってみてはいかがでしょうか?オリーブオイルおすすめです。

人気No1の調理用ココナッツオイル

© 2019 食用油・食用オイルナビ All Rights Reserved.