1. HOME
  2. 植物油エゴマ油と亜麻仁油はどっちを選べばいい?成分や効能、味などの特徴を比較

エゴマ油と亜麻仁油はどっちを選べばいい?成分や効能、味などの特徴を比較

エゴマ油と亜麻仁油はどっちを選べばいい?成分や効能、味などの特徴を比較

様々な油の種類があってどれを選べばいいのか分からない、とお困りの方も多いのではないでしょうか。どれもみんないい、と言ってしまえばそれまで。今回は「エゴマ油」と「亜麻仁油」について比べてみました。それぞれの特徴を知って、食用油選びの参考にしてみてください。

どっちもいい!「エゴマ油」と「亜麻仁油」

食用油も選ぶ時代になりましたが、どうせならより自分の体に合った油を選びたいと思うもの。でも、どのようなものを基準にして選べばいいのか分からない、とお悩みの方も多いのではないでしょうか。確かにどれも健康に良いと言われればそうですし、選び方によっても効能が違うのであれば是非それに合ったものをと思うのはごく普通のこと。なかでもよく似ていると比較されやすい「エゴマ油」と「亜麻仁油」について今回はお話していきましょう。

「エゴマ油」とは?

まずそれぞれの油の特徴についてお話していきます。まず最初にエゴマ油。これはシソ科の植物からとれる油のことです。見た目はシソの葉にそっくりですが、味はシソよりも少し癖があります。お料理の仕上げにサッとかけるなどして食べると、比較的食べやすいのではないでしょうか。

「亜麻仁油」とは?

こちらは亜麻という花の種子からとった油のことです。あまり見たことがない方も多くイメージしづらい方も多いかもしれません。亜麻仁油も独特の風味を持っており、エゴマと同様に少し癖があります。しかしこの味わいが好きとハマる方も意外と多いようです。

どちらも栄養は豊富!「αリノレン酸」も豊富です

いずれの油も少し風味に癖がある、というのが特徴として挙げられるのですが、一般的な意見としてはややエゴマ油の方が癖も少なく選びやすいという声が聞かれます。もちろん味に関してはそれぞれの方の好みもあると思いますが、できれば毎日続けていくものだからこそご自身が食べやすいものを選ぶのがベストです。

いずれも栄養豊富!注目は「αリノレン酸」

さて、両方に共通している特徴としてあげられるのが「αリノレン酸」が主成分ということです。オメガ3脂肪酸とも呼ばれているなど、健康面において非常に高い効果を発揮してくれることが分かっています。αリノレン酸は脳の神経細胞を活性化させてくれることから、認知症の予防や改善にも効果があると非常に期待されています。そしてこのαリノレン酸、どちらがより多く含まれているかという点においてはエゴマ油のほうがやや有利。この成分をメインに選ぶのであれば、エゴマ油を選ぶのも一つの手です。

どちらも熱には弱いのでそのまま食べるのがおすすめ

これらの油は熱に弱いという性質を持っているため、100℃以上の高温状態に晒されると重要な成分が壊れてしまいます。ですから加熱調理したりせず、料理が出来上がって食べる直前に使用するのがおすすめ。せっかくの栄養を壊してしまわないよう、使い方には気をつけましょう。両方とも健康にダイエットに美容に、と様々な効果が期待できます。できるだけベストな状態で使用することをおすすめします。

基本的には味の好みで選んでください

さて、色々な比較をしてきましたがαリノレン酸の含まれる量がエゴマ油の方が多い、という点をのぞいて非常に似た性質を持っています。あとは味の違いというのが大きな特徴になりますので、ご自身が食べ続けていける方を選ぶのがおすすめです。値段に関してもほぼ同じ価格帯のものがほとんどですので、あとは成分表をチェックし、国産であるなど安全性の高い商品を選ぶようにするといいでしょう。エゴマ油も亜麻仁油も続けて食さなければその効果は薄くなってしまいます。まずは毎日続けることから始めてみましょう。

人気No1の調理用ココナッツオイル

© 2019 食用油・食用オイルナビ All Rights Reserved.