1. HOME
  2. 植物油植物油に多く含まれる不飽和脂肪酸の健康効果や主な働きについて

植物油に多く含まれる不飽和脂肪酸の健康効果や主な働きについて

植物油に多く含まれる不飽和脂肪酸の健康効果や主な働きについて

植物油には「不飽和脂肪酸」を多く含む物がたくさんあります。しかしこの不飽和脂肪酸とは一体なんなのか?どんな効果を得ることが出来るのか、あまりイメージできないという方も多いのではないでしょうか。そんな方々へ、不飽和脂肪酸について少し詳しくご説明していきましょう。体にいい働きをもたらしてくれる、すごいものなんです。

「不飽和脂肪酸」は体にどんな働きをもたらすのか

一般的な食用油はある2つの種類に分けることが出来ます。それは「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」です。これはそれぞれ特徴があり、常温において固まっているものは「飽和脂肪酸」で、常温では液体になっているものは「不飽和脂肪酸」と呼ばれています。飽和脂肪酸に分類される物としては主にバターやラードなど動物油があげられます。植物油のなかでも、最近健康によいとされているココナッツオイルは、実は飽和脂肪酸に分類されています。

飽和脂肪酸は体によくない?

飽和脂肪酸は脂質の材料ともなるため、体づくりにおいてエネルギー源としても非常に大切な脂肪酸です。しかしこの飽和脂肪酸をとりすぎることによって中性脂肪やコレステロールを増やしてしまう、という悪い特徴があります。これは生活習慣病はもちろん、肥満の原因を作ってしまうなど体にとってあまりいい効果をもたらしません。

不飽和脂肪酸の働きとは?

一方の不飽和脂肪酸は体内で固まりにくい、血中の中性脂肪やコレステロール値の調整を行ってくれるなど、健康に良い効果をもたらしてくれることが分かっています。単純にいうと飽和脂肪酸とは全く真逆の働きをしてくれるため、最近ではこの不飽和脂肪酸に分類される油が人気の傾向にあります。不飽和脂肪酸もさらに細かく分類され、それぞれの働きにはまた特徴があります。

不飽和脂肪酸をもっと細かく知ってみよう

さて、不飽和脂肪酸のなかでも「オメガ3」「オメガ6」などと分類されることをご存知でしょうか?不飽和脂肪酸の働きとして先ほど、中性脂肪などに働きかけてくれることが分かってきましたが、これらはまたそれぞれで働きも変わってきます。少し詳しくお話していきましょう。

「オメガ3」とは?

このオメガ3は、実は不飽和脂肪酸のなかでも最も健康に良いとされているものでもあります。α-リノレン酸を多く含んでおり、これは体の中でEPAやDHAに変化し、血栓の予防であったり血中の中性脂肪を下げることが分かっています。ダイエットだけでなく健康にもよく、集中力アップやメンタル面にも働きかけてくれます。

「オメガ6」とは?

このオメガ6にはコレステロール値を下げてくれるリノール酸が含まれています。しかし注意したいのが、過剰摂取によってアレルギー症状を悪化させるなどの副作用です。つまり摂りすぎないよう注意が必要になります。γ―リノレン酸など血糖値に働きかけてくれる成分も含まれていますが、ほどほどに、を心がけましょう。

一度覚えてしまえばあとは簡単です!

飽和脂肪酸に不飽和脂肪酸、いっぺんに難しい単語ばかりが出てきて頭が混乱してしまうという方もいるでしょう。確かに、普段聞き慣れないものは理解することに時間がかかるかもしれません。しかし、一度覚えてしまえばそれほど難しいことではありません。基本的には不飽和脂肪酸をメインに、適量を摂取していくということを覚えておくといいでしょう。飽和脂肪酸が絶対的な悪者というわけではありませんが、健康を意識していきたいのであればできるだけ摂取を控えることがおすすめです。

いい油を毎日使い続けよう

もうややこしいことはわからない、それなら油を使わない方がいいのでは?と思う方もいるかもしれませんがそういうわけにもいきません。なぜなら人間の体には、健康を維持するためにも脂質をとることが絶対に欠かせないからです。つまり健康な身体をつくるためには油の摂取はおろそかにしてはいけないということです。そのため最近は不飽和脂肪酸を持つものとして分類されるオリーブオイルやアマニ油など、健康油として特集されるものが人気を集めているのです。

しかし飽和脂肪酸もただ悪いものだけではなく、ココナッツオイルの持つ最大の特徴「中鎖脂肪酸」が含まれていることが特長としてあげられます。これは脂肪がつきにくく、エネルギー変換しやすい油ということから多くの注目が集まったのです。つまりただ頭から否定すればいいというわけではなく、油の特長を知ることでも大きく変わってくる、というわけです。油はできるだけ安いものでいい、そのように考えていませんか?決して値段だけでは比較できるものではないのですよ。

ダイエットや美容に役立つ油選び

オリーブオイルなどは積極的に摂取することでダイエットの効率を上げてくれるメリットを持っています。つまり、食用油をこれらの健康的なものにすることでよりダイエットの成功率をアップさせることができるというわけです。また、オイルは肌に塗ったりスキンケアとして活用できることも分かっています。

ただ口に入れるだけではなくしっとりと潤いのある肌づくりにも役立ってくれるとあれば使わない手はありません。健康効果は体の内側だけでなく外側にも働きかけてくれること。今はやりの食用油たちが、どんなプラス効果をもたらしてくれるのか。今後もますます研究が進んでいくことでしょう。是非これからも新しい情報に注目してみてください。

不飽和脂肪酸の働きを是非取り入れよう!

植物油の選び方を少し工夫するだけでも、生活習慣病や様々な病気を予防することに繋がります。これからもずっと健康な体を維持していきたい、と思うのであればこういった油の選び方も少し工夫してみると良いでしょう。不飽和脂肪酸とつけば何でも良いのではなく、それぞれの働きを知ることでも変わってきます。

現在色んな体の悩みを抱えている方にとっても、改善のキッカケとなることもあります。また、自分にとってどんな油が必要なのかを見直すチャンスでもあります。日常において油は欠かすことのできないものだからこそ、是非不飽和脂肪酸を取り入れて健康な毎日を手に入れませんか?油選びはとっても大切ですよ。

人気No1の調理用ココナッツオイル

© 2019 食用油・食用オイルナビ All Rights Reserved.