1. HOME
  2. 植物油植物油脂に危険信号!サラダ油やマーガリンなどのトランス脂肪酸に注意

植物油脂に危険信号!サラダ油やマーガリンなどのトランス脂肪酸に注意

植物油脂に危険信号!サラダ油やマーガリンなどのトランス脂肪酸に注意

植物油脂、というものについてあまりご存じない方も多いのではないでしょうか。なんとなく「植物」がついてることで、そんなに体に悪いイメージが持たれないようにも見えますが実はそんなことはありません。この植物油脂こそ気を付けなければならないものなのです。

「トランス脂肪酸」についてご存知ですか?

普段、朝にパンを食べる際トーストにマーガリンを塗るというこの行為。ごく一般的な食べ方ですし、色んなマーガリンが販売されています。このマーガリンは植物油脂に分類され、バターなどの動物油脂に比べてヘルシーなイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかし実は誤った認識なのです。

「トランス脂肪酸」という危険な脂肪酸

このマーガリンなどの植物性の油脂を下降する過程において、ある物が発生します。それは「トランス脂肪酸」と呼ばれるものです。このトランス脂肪酸は、実は最も危険視されている脂肪酸でもあり、アメリカにおいては2018年以降原則禁止と発表されるほどのものなのです。

「トランス脂肪酸」は一体どのようにして発生するのか?

トランス脂肪酸自体は、加工など人の手が加わった時に多量に発生します。常温で液体の植物油に水素添加という化学反応を発生させることにより、脂肪の分子構造が変わり油が固まります。この働き自体が実はプラスチックと非常に似ていると指摘されているため危険なのです。

体に与える影響とはどのようなものなのか

トランス脂肪酸は細胞膜へ影響を与え、免疫機能にも異常をきたすことがわかっています。老化などの原因ともなる活性酸素を発生させることも分かっており、美容面にも大きく影響を与える可能性が指摘されています。健康面においては動脈硬化やアレルギー、うつやコレステロール異常などに影響がある可能性が高いため注意が必要です。

トランス脂肪酸を多く含むものは?

トランス脂肪酸を多量に含む物としてあげられているのは、サラダ油にマーガリン、マヨネーズなどです。これらは食卓でもよく見られる物ばかりですので、普段からよく使用されているという方も多いでしょう。食べてすぐに害を及ぼす物ではありませんが、長年使い続けていくことで体に与える影響が大きくなる可能性はあります。

できるだけ摂取しないようにするためには

このトランス脂肪酸を避けるには、まずしっかりとご自身の目で確認することが大切です。商品を手に取る際は、きちんと原材料や製法についてのチェックを行うこと。「コールドプレス」や「低温圧搾搾り」などの表記がされていると安心です。遺伝子組み換えなどを選ばないようにする、ということも大切ですので是非注意して見てください。

色んな食事にも含まれているので注意が必要

また、これら以外にも多くの加工食品にトランス脂肪酸が含まれている可能性があります。例えばクッキーやケーキ、ジャンクフードなどには多量に含まれている可能性が大です。絶対に食べないようにする、のではなく、自分できちんと内容を把握した上で購入する癖をつけましょう。

油の選び方を工夫するだけでも違う

このトランス脂肪酸はサラダ油などにも含まれていることが分かりました。体のことを思うのであれば、長く使い続けていくことがよしとされないのはよくおわかりでしょう。どこでも売っているから、安いから、という理由だけで適当に油を選ばないこと。今後の健康を思ってきちんと見直していくことが大切です。油は毎日使うものだからこそいいものを、というのは何も間違った考えではありません。高級な物で揃えようとするのではなく、体によい成分が含まれているものを少しずつ試して自分に合ったものを選ぶようにするといいでしょう。

人気No1の調理用ココナッツオイル

© 2019 食用油・食用オイルナビ All Rights Reserved.