1. HOME
  2. 食用油食用油の捨て方まとめ!使い終わった揚げ油や賞味期限切れの油の処理方法

食用油の捨て方まとめ!使い終わった揚げ油や賞味期限切れの油の処理方法

食用油の捨て方まとめ!使い終わった揚げ油や賞味期限切れの油の処理方法

揚げ物などに使った油をどうしていますか?まさかそのまま捨てている、なんてことはないでしょうか?使ったあとの油はきちんと処理しなければ様々なトラブルのもととなります。それだけではなくマナーにも関わる問題、だからこそちゃんとした処理方法を知っておく必要があります。環境のためだけでなく、常識として是非この機会に学んでおいてはいかがでしょうか。

油の正しい取り扱い方法をご存知ですか?

天ぷらやフライ、素揚げなど様々な調理に用いられる油。カラッと揚げた野菜やお肉や魚、どれも揚げ物だからこそ味わえる美味しさがあります。しかしその美味しさを味わったあとにきちんとやらなければならないのが「油の後始末」です。これがまたなかなかに面倒と感じている方は多いのではないでしょうか。かといって面倒だから、というのを理由にそのまま油を捨ててしまっている、そんなことはないでしょうか?環境のために、という点はもちろんですが常識的に考えてもそのまま捨てるという処理方法は全くおすすめできません。

そのまま捨てることによって起こるデメリット

なぜそのまま油を捨ててはダメなのか、という点について考えてみましょう。まずそのまま捨ててしまった油は下水へ流れていき、環境汚染へと繋がっていきます。一人や二人がそんなことをしてもどうってことはない、と思われるかもしれませんが、皆がそう思えばそれは相当な数になります。自分だけ、なんてことは決してないのです。

また、配管を流れていく際に油が何度も通ることで、汚れがその中へ蓄積されてしまいます。冷えて固まるという性質を持つ油、どんどんその汚れが溜まっていくとどうでしょう?油の劣化によって悪臭が発せられることもあれば、配管が汚れきってしまい高圧洗浄など高額なクリーニングが必要になってしまうこともあるのです。

基本的な処理の方法を覚えておきましょう

油の捨て方はやや面倒に思われるかもしれませんが、サッと後片付けの際に行えばそれほど手間になることはありません。是非やりやすい方法で処理するようにしましょう。

紙パックに入れて処理

牛乳パックなどの紙パックを利用する方法がまずおすすめです。新聞紙や古くなったタオルなどを中に入れ、冷ました油をその中に入れます。自然発火を防ぐために水をしみ込ませるとなお善しです。このためにも紙パックを常に一つ置いておくといいでしょう。

袋を利用して処理

レジ袋を使った処理方法は用意もしやすくおすすめ。新聞紙などを入れた袋の中に、冷ました油を入れます。この際も紙パックと同じように水をしみ込ませるのがおすすめ。袋は二重にしておくと漏れの心配がありません。輪ゴムなどでしっかりと口を閉じておきましょう。

凝固剤を使って処理

油凝固剤を使用するのも一つの手です。固めてしまうだけでいいので、さっと捨てやすいのもメリット。ただし夏場になると自然発火しやすいデメリットがありますので、早めに捨てることをおすすめします。

賞味期限切れの油はどうすればいいの?

安売りの時に購入したけれど使わなかった、という賞味期限切れの油。勿体ないと思われるかもしれませんが、油は劣化しやすいため使用することはおすすめできません。思い切って処理することをおすすめしますが、基本的には先ほどご紹介した方法で処理するのが一般的です。また地域の自治体に相談してみたり、スーパーなどに問い合わせてみるのもひとつの手ですので、もし不安なことがあれば一度相談してみてはいかがでしょうか。

油は正しく処理をしなければ時に大事故に繋がってしまうこともあります。ついつい処理が面倒に感じてしまうかもしれませんが、きちんとした処理方法を知って正しく処分するようにしましょう。

人気No1の調理用ココナッツオイル

© 2018 食用油・食用オイルナビ All Rights Reserved.