1. HOME
  2. 食用油食用油のオメガ3とオメガ6はどう違う?摂れる油やバランスの注意点

食用油のオメガ3とオメガ6はどう違う?摂れる油やバランスの注意点

食用油

食用油なんてどれもみんな同じ、なんてふうに思っている方は現代においてはあまり多くはないでしょう。ヘルシーな油、良い効果をもたらしてくれる油、それぞれに特性があることをご存知の方も多いはず。そしてそれぞれの油の持つ「脂肪酸」もまた、人の体にプラスの影響を与えてくれるものがたくさんあるのです。

オメガ3とオメガ6について、知っていますか?

最近どのスーパーに行ってみても、様々な種類の油が並んでいることにお気づきの方も多いでしょう。今や油はなんでもいい、ではなく、それぞれのニーズに応じた物を選ぶ時代になりつつあります。それぞれがなりたい自分、具体的な目的、そういったものを持って使い分ける。自身の体に対して真剣に取り組んでいる方が増えて来ている証拠です。それはもちろん正しい選択で、この油の選び方一つで体の状態を大きく変化させることが出来るのです。

たとえば油には「脂肪酸」というものが含まれているのを皆さんご存知でしょう。そしてこの脂肪酸も大まかに分けると飽和脂肪酸、そして不飽和脂肪酸のふたつに分類することが出来ます。一般的に体によいと言われるのが後者の不飽和脂肪酸ですが、ここからまたさらにいくつか分類されていきます。そのなかでも今回注目したいふたつが「オメガ3」と「オメガ6」と呼ばれるものです。

もっと詳しく知ってバランスよく摂取しよう

まずはこのふたつの違いについて簡単にご説明していきましょう。

オメガ3

亜麻仁油や魚の脂肪に多く含まれるもので、主な働きとしては善玉コレステロールを増やしてくれるというものがあります。さらに中性脂肪を減らしてくれる効果も持っているなど、ダイエットはもちろん健康診断の結果が気になりやすい中高年にもぴったりの脂肪酸です。適量を摂取し続けていくことでその効果を実感できることでしょう。

オメガ6

こちらはスーパーなどでもよく見かけるサラダ油、べにばな油に多く含まれる物です。悪玉コレステロールを減らしてくれるという働きはとても注目したいところなのですが、その一方で善玉コレステロールも一緒に減らしてしまうことが指摘されています。このように考えるとプラスマイナスはゼロ、しかしアレルギーを悪化の原因のひとつとなる場合もありますので摂りすぎには注意したいところです。

このように、ただ数字が違うだけで持っている働きもまた大きく変わってきます。健康に良いものを選びたい、と思ったら自ずと選ぶべき方が見えてくるかと思いますが、いずれの場合も油であるということを決して忘れないこと。いくら体によい物であっても、摂りすぎることで余分な脂肪へと変わってしまうことは十分に考えられるのです。

重要なのはバランスよくを守ること

体にいいものを摂取する、というのは決してひとつの側面からだけで判断すべきことではありません。オメガ6を持つ油も、摂りすぎない程度に摂るということを意識しながら料理に取り入れていけばいいのです。オメガ3を中心に摂取してみるなど、そのバランスや比率を工夫するだけでもかなり変わってきます。なんでも偏ったバランスで考えてしまわないことをおすすめします。

意外と気づかないうちに多くの油を摂取しているというのは珍しい話ではありません。まずはご自宅でいつも使っている油がどういうものに分類されるのか、一度確認してみてはいかがでしょうか。それぞれの油にも加熱に向くもの、不向きなものがあります。状況に応じて使い分けるということも行っていけば、ほどよいバランスを守れるのではないでしょうか。是非油を選ぶ際はこういった脂肪酸やそれぞれの持つ働きについても注目しながらチョイスしてみることをおすすめします。

人気No1の調理用ココナッツオイル

© 2018 食用油・食用オイルナビ All Rights Reserved.