1. HOME
  2. 食用油食用油の保存方法まとめ!保存期間や場所について知っておこう

食用油の保存方法まとめ!保存期間や場所について知っておこう

食用油の保存方法まとめ!保存期間や場所について知っておこう

食用油をきちんと保存するためには、正しい保存方法を知っておく必要があります。その正しい保存方法とは一体どんなものなのか?品質の良い状態を保つためにも、また健康に活かすためにも、是非参考になさってください。

食用油の正しい保存方法とは?

油というものはどの油も基本的に、空気に触れたその瞬間から酸化が始まります。つまり開封した時点でどんどんその品質が失われてしまうのです。しかしその酸化をできるだけ食い止めるためには、油の保存の方法を工夫しなければなりません。まずやらなければならないことは「空気に触れさせないこと」「日光や光をあてないようにすること」「高温多湿を避けること」です。この3つを意識した上で保管場所を考えること。ガスコンロのそばはこれに全く当てはまりませんので、できるだけ離して保管することをおすすめします。

油は出来るだけ早めに使い切ってしまいましょう

一般的な油は未開封の場合で1〜2年程度保つといわれています。しかし開封してしまうと先ほどもいったように、すぐ酸化が始まってしまいます。できれば1〜2ヶ月を目処に使い切るようにしましょう。品質も栄養もどんどん失われていきますので、ご家庭で使い切れる量を選ぶということも大切です。

夏場などは台所によってはかなり暑い場所であることもあります。その場合は冷蔵庫で保存するなど工夫するといいでしょう。できるだけ酸化をさせないよう、場所を工夫してさっと使い切ることをおすすめします。

人気No1の調理用ココナッツオイル

© 2018 食用油・食用オイルナビ All Rights Reserved.