1. HOME
  2. 食用油食用油・オイルに期待できる健康と美容効果!使い分けするのもあり  

食用油・オイルに期待できる健康と美容効果!使い分けするのもあり  

食用油・オイルに期待できる健康と美容効果!使い分けするのもあり

色々な油の種類があって、どれを使っていけばいいのか分からない!とお悩みの方も多いのではないでしょうか。確かにそれぞれ特徴があり、あれもこれも良いと言われては戸惑ってしまうことも。そこでおすすめしたいのが「油の使い分け」です。さて、どのように使い分けていけばいいのでしょうか?

食用油が持つ健康・美容の効果とは一体?

食用油といっても様々な種類の物が販売されています。以前の食用油の考え方といえば、炒め物に使うなど何気なく使用されていたのが殆ど。最近は健康や美容などの目的に応じて油を選ぶ、という方も非常に増えてきています。油なんてどれも一緒!という時代はもうとっくに終わっているのです。

しかしどれも良いと言われてしまって困る、どれを選んでいいか分からないと頭を抱えている方も多いはず。そこで食用油が持つ健康や美容効果についてご紹介していきましょう。是非油選びの参考にしてみてください。

「不飽和脂肪酸」に注目してみよう

油が持つ健康成分のひとつとして、不飽和脂肪酸というものがひとつあげられます。不飽和脂肪酸のなかでも更に細かく分類していくことが出来るのですが、おもに持つ働きとして血液をサラサラにしてくれたり悪玉コレステロールを減少させたりと、血液に良い効果をもたらしてくれることがあげられます。健康診断で気になる結果が出た、という方はこの不飽和脂肪酸を摂取するとより健康へと近づけるでしょう。

便秘解消など美容にも役立ってくれる

また、便秘解消を手伝ってくれたり皮膚の保湿を助けてくれる、活性酸素を除去してくれるなどといった、美容に嬉しい効果もたくさん含まれていることが特徴としてあげられます。中性脂肪が増えるのを抑えてくれるなど、ダイエットの心強いサポート役にもなってくれるためスッキリキレイを目指している女性にとっても非常におすすめです。

油を一種類だけではなく、使い分けるのもおすすめ

それぞれの油が持つ特徴というのは様々です。同じ不飽和脂肪酸といっても、その中でさらにオメガ3やオメガ6など、細かく分類されていきますが、また少しずつ特製も変わってきます。結局どれが一番いいの!と思われるかもしれませんが、ひと言で言ってしまうと「どれもそれぞれ良い」ということなのです。

使い分けることで美味しく、健康に活かせる

ですからおすすめの使用方法としては「用途に応じて使い分ける」のがおすすめと言えます。たとえば飽和脂肪酸で使いすぎると体によくないと言われるバターなども、使いすぎがよくないわけであって使用してはならないということではありません。バターの持つ風味やコクはそれでしか出せない物です。この風味を適度に活かしながら、植物油を使って上手にアレンジしてみたりと使い分けるのがおすすめです。

ドレッシングやアレンジ方法は無限にある

そのままかけて食べるタイプのオイル、揚げ物などに向いているオイルなど調理方法によっても使い分けが出来ます。サラダを食べる時はこのオイルを使おう、といったように用途に応じて分けておくのもおすすめ。それぞれの美味しさを楽しみながら、健康や美容に役立てることが出来ます。同じ油を使い続けようとするのではなく、何種類かに分けて使うことでより楽しく使い続けることが出来ます。

おすすめは2〜3種類程度常備すること

あれもこれもいいと揃えてみたくなる気持ちも分かりますが、油はやはり酸化しやすいという特徴があるため、あまりに多くの種類を一度に開けてしまうと風味や品質が損なわれていきます。それを防ぐためにも、2〜3種類程度でまずは使い分けてみてはいかがでしょう。そのなかで自分のお気に入りをみつけて、健康や美容に活かしてみてはいかがでしょうか。

人気No1の調理用ココナッツオイル

© 2019 食用油・食用オイルナビ All Rights Reserved.