1. HOME
  2. 動物油魚油魚油に含まれるオメガ3脂肪酸の効果効能!コレステロール対策など

魚油に含まれるオメガ3脂肪酸の効果効能!コレステロール対策など

魚油に含まれるオメガ3脂肪酸の効果効能!コレステロール対策など

動物油に分類される魚油は、一般的な動物油に比べてまたひと味違った魅力を持った油です。それは含まれている健康効果にあると言っていいでしょう。体にとって必要な栄養をたくさん含んでいる魚油は是非これから注目していただきたい油です。特に魚油に含まれる「オメガ3脂肪酸」こそが注目してほしいポイントなのです。

目次

人の体に「オメガ3脂肪酸」は何をもたらすのか

最近はココナッツオイルやオリーブオイルなど、健康によいとされる様々な油が注目を集めています。今や「スーパーに売ってる油ならなんでもいいや」という時代は終わりを迎え、それぞれの方が健康や目的に応じて油を選ぶという時代にきています。それだけ多くの方がご自身の健康と真剣に向き合っているという証拠でもあるでしょう。

魚油は体にとってどんな効果をもたらすか

その様々な油のなかでも注目したいもののひとつが「魚油」です。魚油は動物油の一種ですが「不飽和脂肪酸」を含んでいるということがまず特徴として挙げられます。他の動物油は「飽和脂肪酸」であり、ここがまず大きな違いです。そして不飽和脂肪酸はさらに細かく分類することが出来るのですが、そのなかでも健康によいとされ非常に注目を集めている「オメガ3脂肪酸」を含んでいることが大きなポイントなのです。

オメガ3脂肪酸とは一体なんなのか?

オメガ3脂肪酸の大きな特徴としてαリノレン酸という成分が含まれている、ということがあげられます。これは体内でDHAやEPA、DPAの働きを行うことが知られていますが、それぞれ体にとって非常に大切な働きをしてくれます。DHAやEPAなどはよく耳にする栄養素のひとつでもありますが、それぞれ非常によい働きをもたらします。

DHA、EPA、DPAの働きとは?

さて、オメガ3脂肪酸のなかに含まれるDHAやEPA、DPAについて少し詳しくお話していきましょう。この働きこそが非常に重要なので、知っておいて損はありません。

DHAについて知ってみよう

まずDHAはドコサヘキサエン酸のことであり、脳や神経組織の機能を維持するために欠かすことができない成分でもあります。よく育ち盛りのお子さんにはDHAなどと言われますが、このDHAを摂取することで脳が活性化されて情報伝達がスムーズになる、という効果があるためそのようにすすめられます。もちろん大人にとっても欠かせない栄養素の一つですので積極的に摂取するといいでしょう。

EPAについて知ってみよう

EPAはエイコサペンタエン酸のことで、こちらは血液をサラサラにしてくれるという特徴を持っています。血液をサラサラにすることは健康維持はもちろん、美容のためにも欠かせないものです。体内の血流をよくするために様々な成分がすすめられますが、なかでもこのEPAがもたらす働きは重要であるため、是非普段からの摂取をおすすめします。

DPAについて知ってみよう

DPAはドコサペンタエン酸で、先ほどのDHAやEPAに比べるとあまり耳慣れない単語かもしれません。しかし非常に重要な働きを持っており、血管に悪玉コレステロールなどが付着することを防いでくれるという素晴らしい作用があります。EPAと同様血液をサラサラにしてくれる効果も持っており、さらにすごいポイントとして血管の傷を修復する力が非常に強い、ということがあげられます。その効果はなんとEPAの10倍以上ともいわれ、素晴らしさがうかがえます。

オメガ3脂肪酸を摂取することで得られるメリット

さて、このように様々な栄養素を含んでいることが分かりましたがもっと具体的にどのような効能があるかについてもご紹介していきましょう。おもに健康に、美容にと役立てたい方は注目です。

コレステロール対策など健康に役立てる

先ほどDHAなどについてご説明したことからもわかるように、血液のなかに働きかけてくれることが分かっています。そのため、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪に非常に効果があります。健康診断などでもよく指摘される項目ですが、オメガ3脂肪酸を含む魚油を日々摂取することで、これらの数値を正常かへと導くことが出来るのです。健康が気になりだした方は是非注目してみましょう。

アレルギー改善にも効果がある

この他に、アレルギーを改善してくれる効果を持っていることも分かっています。これは炎症を抑えてくれる効果が含まれていること、また炎症の元となる物質が産生されることを防いでくれるためです。一日二日摂取しただけでは変化はありませんが、続けていくことでその効果を発揮してくれるでしょう。

脳の活性化や視力回復にも効果あり

先ほども触れましたが、脳の活性化にも効果を発揮してくれることが分かっています。神経細胞などに働きかけてくれることや、目にとって必要な栄養であるEPAやDHAがしっかり補えることで視力を回復させてくれるという確かなデータも存在しています。つまり、視力で悩んでいるという方はオメガ3脂肪酸がおすすめというわけです。

血流を良くすることで美容にも良い

また健康についてばかり注目していますが、これらは自ずと美容にも繋がっていきます。血流を良くすることは美容にも良い効果をもたらしてくれるということです。お肌の調子をよくするためには老廃物を溜め込まない、不要な物を流しやすい状態がベストです。血流を良くすることで肌にとって必要な栄養も届けることができるので、是非積極的に意識していきたい所でしょう。

魚油を生活に取り入れるためには?

しかし一般的な油に比べて魚油はなかなか摂取しづらい、と感じている方も多いようです。確かに魚独特の風味が強いため、どうしても魚が苦手としている方やクセの強い物は少し、と思っている方にはなかなか手を出しづらいかもしれません。しかしちょっと工夫するだけでも随分食べやすくなるので是非試してみてください。

やはりお魚と合わせてみるのがおすすめ

魚油ですからやはり魚との相性は抜群です。おすすめの食べ方として最もシンプルなものは、お刺身にそのままかけてしまうという方法です。お刺身の風味をアップさせてくれるので、また違った味わいになるというメリットもあります。たとえばカルパッチョ風にアレンジしてみるのもいつもと違った味わいがあっておすすめです。

無理に食べようとするのではなくお好みに応じて

他にもスープの中に入れてみたり、ちょっとしたアクセントとして使用するのがおすすめ。コツはたくさん使いすぎないこと、あくまでもスプーン一杯など、適量を守ることが大切です。ちょっと味が気になるな、という場合は量を調節してみるなどして工夫しましょう。大切なのは自分の好みに合わせて変えていくことです。

オメガ3脂肪酸を積極的に!でも注意

オメガ3脂肪酸は是非積極的に摂取したい脂肪酸、健康にとても良いもの、これは代わらない事実です。しかしこればかりを毎日とっていればいいというわけではなく、あくまでもバランスの良い食事を心がけている、そのなかのひとつとして取り入れることをおすすめします。大切なのは栄養バランスを考えられた食事、これこそがまず基本となります。

また、魚油はやはり油ですから「とりすぎるとカロリーオーバーになる」ということを忘れてはいけません。健康に生かしたかったはずなのに、逆に太ってしまったり体脂肪を上げてしまった、では意味がありません。きちんと適量を守るようにしましょう。

人気No1の調理用ココナッツオイル

© 2018 食用油・食用オイルナビ All Rights Reserved.